血糖値と糖尿病の関係とは?!

血糖値と糖尿病の関係とは?

血糖値をコントロールできない病気を糖尿病と呼びます。

 

血糖値は食事、空腹時以外にも生理前などの体調不良時にも高くなります。

 

ですが健康な人なら血糖値を低い水準で一定に保つことが出来ます!

 

それが糖尿病の方はインスリンが上手く分泌されないため血糖値をコントロール出来ないのです!

 

そして血糖値が高くなってしまうのです。

 

血糖値が高くなると、特に神経や目、腎臓の機能低下が起こりやすくなります。

 

また尿の臭いが気になる症状が出てきます。

 

こうなればもう糖尿病患者の仲間入りになっているかもしれません!

 

さてあなたは糖尿病にはいくつか型があるのを知っていますか?

 

糖尿病には原因別に大きく分けて「1型糖尿病」「2型糖尿病」の2つのタイプがあります。

 

まず1型ですが、自己免疫異常によりインスリンを合成する細胞が破壊され、血糖値を下げることができなくなる特徴があります!

 

2型糖尿病は食事・運動療法。

 

場合によっては飲み薬とインスリン注射の治療法が有効です!

 

糖尿病は自覚症状がないまま進展していくので気づいた時にはもう手遅れのケースも良くあります!

 

糖尿病は悪化してからでは視力を失ったり、手足が腐る場合もあります。健康診断で血糖値が高い場合はすぐに糖ダウンを飲み始めるか、内科できちんと調べてもらうことをおすすめします。